ギャラリー ぬくて

nukute.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 08日

アジョシ

昨日、旦那さんと映画を見に行ってきました♪

『アジョシ』・・・去年韓国で、数々の映画賞を受賞した作品です。
f0177714_9581964.jpg


この映画は偶然知ったのですが、「どーしても映画館で見たい!」と思ったのは、ウォンビンが出てるから・・・(^^;)
っと言っても特にファンでも何でもないし、他の作品も見たことはないのだけれど(笑)

ちょっと前に韓流スターが流行りだした時の一人にウォンビンがいて、全く韓国人ぽくない容姿と他の人と違って愛想を振りまかない(無愛想)所が、すごく私の中で好印象だったのです。

徴兵制度もあってしばらく見なかったのだけど、久しぶりに見たらやっぱり格好良くって(笑)、しかも韓国男性の間では「デートに見てはいけない映画」って言われていて、一緒に行った女性がウォンビンが格好良すぎて見終わった後に彼氏が「タコに見える」そうです。 タコってひどいよね。笑


☆そのかっこいいウォンビンをちょこっと♪
f0177714_1010861.jpg

このもさっとした感じもスキ~♪ 安藤政信っぽいよね^^




f0177714_1011299.jpg

少女を助けに行くために髪を切るシーン。
この映画のために鍛えた体がまたスゴイ!!!!!




f0177714_10121166.jpg

どんだけスタイル良いの!?
顔はちっちゃいし、足がめちゃめちゃ長~い♪♪♪


いやいや、ホント旦那さんがタコに・・・は見えなかったけど(^^;)、ウォンビンはめちゃめちゃ格好良かったです。アクションシーンはバイオレンスなので、目を覆いたくなるような場面が多いのですが、それにはちゃんと理由があって、ウォンビンの役は深い悲しみを持っている役なので、怒りや悲しみを言葉で表すのではなく、目やアクションで表しているんですよね。だから、その表情を大きなスクリーンで是非見て欲しいですね。

パンフレットを見て気づいたんですが、アクションシーンはほぼスタントマンを使っていないことに驚かされました。ホントかなり激しいアクションシーンばかりなんですよ。

もちろん、ウォンビンが格好いいだけじゃなく、ストーリーもメッセージも充分感じれたし、脇役の人達も素晴らしく良い味出してました。
悪いやつはとことん悪いやつだったしね(^^;)



↓で、普段のウォンビンはこんな感じ↓
f0177714_10303445.jpg

お母さんが「えっ!?同じ人!?」って驚いてたくらい、爽やか~な美青年。


見る前は「ホントに面白いんか?」「dvd出たらみればいいんやん?」っと言ってた旦那さんだったけど、終わってみたら「面白かったー」とご満悦でした。笑

私も、もう1回映画館で見たいわー
[PR]

by nukute | 2011-11-08 10:39 | 本・映画


<< 金沢でガレット      「漆アクセサリーkuroko」... >>